サンジョルジョ大聖堂

シチリアには魅力が一杯 ラグーサの世界遺産

イタリアは南部にある大きな島・シチリア島の南東部にある小さな街・ラグーサ。1693年の大震災に遭遇するも復興を果たし、後期バロック様式の歴史ある古い街並みを残した地であるとして、「ラグーサの世界遺産」はイタリア観光においてぜひ訪れておきたいスポットのひとつです。

 

「上の町」・「下の町」の大きく2つの地域に分かれるラグーサでは、それぞれ異なった見どころがあります。まず上の町は「ラグーサ・スーペリオーレ地区」と呼ばれる新市街であり、震災後に生まれた比較的新しい街並みには、当時の最新鋭の後期バロック様式の建物が建ち並んでいます。街の中心を通るイタリア大通りには、シチリアンバロック様式を採用したサン・ジョバンニ・バッディスタ大聖堂が佇んでいます。そして、大通りを東へと進むとサンタ・マリア・デッレ・スカーレ教会を確認することができます。この教会は、震災後に建てられた後期バロック様式の部分と、震災の被害を免れた古くからのゴシック様式が入り交じった、かなり貴重な建物です。

 

次に、スーペリオーレから街並みを見下ろして見渡すことができる、谷間にぽっかりと浮かぶ島のような形状である旧市街地・イブラ地区、「下の町」です。アラブ人が征服していたシチリア島の当時の姿が色濃く残っており、小さな道・路地が細かく入り組んだ複雑でなんとも不思議な雰囲気が味わえる、迷宮のような世界を楽しむことができます。そんな迷宮のようなイタリアの街を歩きながら、バロック様式の教会や壁面にある彫刻などを眺めて探検気分を楽しみましょう。

 

イブラ地区は周囲を歩いても約2キロメートル程度であり、主な見どころを見て回るだけでしたら、半日ほどあれば回りきることができます。イブラ地区の入口付近にある、バロック様式のブルガトリオ教会をはじめとして、サンジョルジョ大聖堂など、さまざまな歴史的価値の高い建造物が溢れています。またドゥオモ広場には、映画のロケ地としても使用された、サン・ジュゼッペ教会もあります。多くの見どころがあり、手軽に巡ることのできるラグーサの世界遺産にぜひ訪れましょう。

シチリア島に行くのであれば通好みのユーラシア旅行社がお勧めです。イタリアのツアーも充実しています。

サントリーニ島

ハネムーンの名所 サントリーニ島

エーゲ海に浮かぶギリシャのサントリーニ島は、たくさんのチャペルがありハネムーンで訪れる人も多い風光明媚な場所です。ギリシャからはおよそ200km離れていて、アテネからは飛行機で約1時間、フェリーは約8時間で到着します。素晴らしい景色と洗練された町並みが楽しめるリゾート地になっているため、数多くの素敵なホテルがあります。

 

サントリーニ島で最も人口が多いフィラは、可愛らしい建物のレストランやカフェ、雑貨店が建ち並ぶ賑やかなエリアです。裏道がたくさんあり、オリーブオイルやワイン、絵葉書などのお土産も充実しています。フィラから北に向かってバスで20分ほど行くと、サントリーニ島の美しい夕日が眺められるイアがあります。エーゲ海を臨む断崖にはサントリーニ島の景色でおなじみの白壁の建物があって、海面や白壁が夕日で赤く染まる景色はとても神秘的です。エーゲ海を眺めながらシーフードが味わえるレストランなどもあり、落ち着いた雰囲気ながらラグジュアリー感溢れるホテルがたくさんあります。

654e1d295fbd3721162f10a7cf73b075_s

サントリーニ島には、火山灰に埋もれてしまった古代遺跡が見学できるアクロティリ遺跡や古代ティラ遺跡があり、古代の建物や水路など、噴火当時の街並みが見学できます。古代ティラ遺跡は山の上にあるので、素晴らしい眺望も楽しめるスポットです。アクロティリ遺跡の近くには、ビーチがありエーゲ海を眺めながらのんびり過ごせます。

 

サントリーニ島ではバスやケーブルカー、バギーなどの移動手段がありますが、人気となっているのがロバタクシーです。坂や階段の多い街を、ロバに乗って街並みを眺めながら移動できます。
サントリーニ島はワインの産地でもあり、おいしいワインが試飲できるワイナリーや、ワインの歴史を学びながら試飲ができるワイン博物館があります。海に面したテラスにあるテーブル席で、絶景を眺めながらワインが味わえるワイナリーもあり、夕日を眺めながらテイスティングができます。

聖書

キリスト教の聖書に登場する牢獄もあるフィリピの遺跡

フィリピはギリシャの北東に位置している、東マケドニアの古代都市です。軍事上、交易上の必要を満たすため、紀元前356年にアレキサンダー大王の父フィリッポス二世によって創建されました。現在フィリピの遺跡は廃墟になっていますが、遺跡の中をエグナティア街道が通っています。
テッサロニキからカヴェラまでバスで2時間程度走りそれから乗り換えて30分ほどかかります。

 

遺跡はローマ時代のものが中心で、その広さに驚くことでしょう。その中には彫像を見ることができます。どっしりとした彫像の中にも優れた彫刻を見ることができます。古代フィリピでは街の広場のことを「アゴラ」と読んでいました。多くの店が軒を連ねていたことでしょう。そこでは多くの人が哲学を語り合ったり、討論したりしたそうです。

 

またフィリピの遺跡にはヘレニズム文化時代に建てられた円形劇場があります。その中心に立ってみると分かるように、声が大きく響き、中心に立つ役者の声が観客に届くようになっています。古代の人たちが頭が良く、よく計算して建てていたか実感することができるでしょう。また聖書に出てくる使徒パウロが投獄された牢獄も残っています。

 

遺跡ではキリスト教時代のバシリカ跡も見ることができます。バシリカとはローマ時代の建造物で教会として、また裁判所や集会所、あるいは商業など私的に使われていました。柱廊もしっかりと残っているので見応えがあります。フィリピの遺跡は廃墟とはいえ、古代ローマ時代の人々の暮らしが垣間見える場所で単に建物や像が一つポツンと残っているところではありません。街としての広さも感じることができる貴重な遺跡です。かつて世界帝国を成したギリシャの人々は神々への恐れも強く、遺跡の中で神殿として用いられていたような建物や標識を見つけることもできます。
今は人がいなくても、ここには昔人が住んでおり、賑やかに生活していたかと思うと昔の人々に暮らしに思いを馳せたくなります。

file5501281801005

知る人ぞ知るメリッサニ洞窟

イタリア・ギリシャ観光と言えば有名なのは、ジブリ映画「紅の豚」のモデルとなり主人公マルコの秘密基地の舞台となったザキントス島と、サントリーニ島ですが、それ以外にも絶景を眺められるスポットがあります。それがケファロニア島のメリッサニ洞窟です。

 

この洞窟のあるケファロニア島はイオニア海最大のギリシャの島ですが、その大部分が山という自然豊かな島です。そんな島の中央にあるのがメリッサニ洞窟です。このメリッサニ洞窟が発見されたのは1951年で、手つかずの自然が残った状態になっています。このメリッサニ洞窟の見所は何と言っても美しい地底湖です。

 

周りは岸壁に囲まれ、上空を覗く穴からは太陽の光が降り注ぎ、幻想的な景色を見ることができます。この穴は地震により崩れて開いたものとされていますが、この穴のおかげで美しい景色を見ることができます。岸壁は自然にできたもので、急な傾斜となっており人が登ることはできません。

その岸壁と真っ青な空の間には生い茂った木々の緑が見えます。そして湖の水は透き通っており、太陽の光に照らされた場所と岸壁の陰になった場所の色の違いが美しいコントラストとして見ることができます。太陽の光に照らされた部分はスカイブルーの美しい色合いです。一方、陰になった部分は濃紺で、同じ湖と思えないほどです。そしてこの湖は海抜1メートルで塩水になっており、透明度の高い湖となっています。そしてこの地底湖にはボートに乗っていくことができます。

 

天気が良ければ、上空から降り注ぐ光に照らし出された真っ青な美しい湖を見ることができます。それは自然が作り出した神秘的な空間で、まさに絶景です。そしてそんな真っ青な湖に浮かぶボートは、はたから見るとまるで浮かんで見えるほどの透明度です。このような絶景は日本では見ることができません。そのためこのメリッサニ洞窟はギリシャ観光の際には是非行っておきたいスポットの一つです。

モツィアのフェニキア遺跡

紀元前の古代、地中海で勇名を轟かせていたフェニキア人たちの移籍を、イタリア・シチリア島で見学できます。
遺跡は、シチリア島西端、東の沖に浮かぶグランデ島とシチリア島の間にあるサンパンタレオ島にあります。

 

島にある遺跡はモツィアのフェニキア遺跡と呼ばれており、現在では歴史遺産として大切に保存されています。
古代の地中海世界の海の覇権を握ったカルタゴ人(フェニキア)にとって、小さな島であるモツィアはシチリアに至る重要な前哨基地でした。
古代の記録によるとカルタゴ船が往来し、すでに塩を産出していたと伝えられています。

島はわずか40ヘクタールほどの広さしかなく、1時間~3時間ほどで島内を見て回れます。
島には、緑豊かなオリーブ畑が広がっていて、オリーブ畑が途切れると幾つかの遺跡があります。

 

ローマとの3次にわたる戦争により、滅ぼされたカルタゴの貴重な遺跡の発掘後が保存されており、残骸となった城壁ブロック、モザイク模様の床が印象的な住宅跡などがあり、カルタゴ人たちが持っていた高度な建築技術や文化・芸術を目の当たりにできるうってつけの場所です。

島にあるホイタッカー博物館には、発掘された紀元前5世紀頃の凛々しい姿をした若者像、取っ手のあるギリシャのアンフォラをはじめとする様々な壺に加えて、古代に魔除けとして使われていたと考えられる笑顔の仮面など、古代フェニキアの発展を思わせる文化財が所狭しと並んでいます。

 

第1次ポエニ戦争の終結により、カルタゴはシチリアから撤退した際に、この島の領有権も同時に放棄されたと考えられます。
現在のモツィアは、オリーブ畑が広がるのんびりとした風景が広がる農村といった趣です。

モツィアのフェニキア遺跡を訪れるには、シチリア島にある「トラパニの塩」博物館前にある港から船で移動します。

かつて地中海を覇権を握る国家として自由に海を行き来し、貿易を行っていたフェニキア人たちが見ていた風景とほとんど変わらないであろう風景を楽しめます。