サンジョルジョ大聖堂

シチリアには魅力が一杯 ラグーサの世界遺産

イタリアは南部にある大きな島・シチリア島の南東部にある小さな街・ラグーサ。1693年の大震災に遭遇するも復興を果たし、後期バロック様式の歴史ある古い街並みを残した地であるとして、「ラグーサの世界遺産」はイタリア観光においてぜひ訪れておきたいスポットのひとつです。

 

「上の町」・「下の町」の大きく2つの地域に分かれるラグーサでは、それぞれ異なった見どころがあります。まず上の町は「ラグーサ・スーペリオーレ地区」と呼ばれる新市街であり、震災後に生まれた比較的新しい街並みには、当時の最新鋭の後期バロック様式の建物が建ち並んでいます。街の中心を通るイタリア大通りには、シチリアンバロック様式を採用したサン・ジョバンニ・バッディスタ大聖堂が佇んでいます。そして、大通りを東へと進むとサンタ・マリア・デッレ・スカーレ教会を確認することができます。この教会は、震災後に建てられた後期バロック様式の部分と、震災の被害を免れた古くからのゴシック様式が入り交じった、かなり貴重な建物です。

 

次に、スーペリオーレから街並みを見下ろして見渡すことができる、谷間にぽっかりと浮かぶ島のような形状である旧市街地・イブラ地区、「下の町」です。アラブ人が征服していたシチリア島の当時の姿が色濃く残っており、小さな道・路地が細かく入り組んだ複雑でなんとも不思議な雰囲気が味わえる、迷宮のような世界を楽しむことができます。そんな迷宮のようなイタリアの街を歩きながら、バロック様式の教会や壁面にある彫刻などを眺めて探検気分を楽しみましょう。

 

イブラ地区は周囲を歩いても約2キロメートル程度であり、主な見どころを見て回るだけでしたら、半日ほどあれば回りきることができます。イブラ地区の入口付近にある、バロック様式のブルガトリオ教会をはじめとして、サンジョルジョ大聖堂など、さまざまな歴史的価値の高い建造物が溢れています。またドゥオモ広場には、映画のロケ地としても使用された、サン・ジュゼッペ教会もあります。多くの見どころがあり、手軽に巡ることのできるラグーサの世界遺産にぜひ訪れましょう。

シチリア島に行くのであれば通好みのユーラシア旅行社がお勧めです。イタリアのツアーも充実しています。